書評

【要約】ハワードマークスの本『投資で一番大切な20の教え』

 

先日読んだハワード・マークス著『投資で一番大切な20の教え』のエッセンス+感想を、まとめておきます。「投資手法」というより、「投資哲学」の本でした。

 

ハワード・マークスは「リーマン・ショックで最も稼いだ運用会社」としてしられるファンド「オークツリー」の会長です。

帯には「世界一の投資家バフェット推薦」とあります。ウォーレン・バフェットはバークシャー・ハザウェイの株主総会でこの本を配ったのだとか。

信頼性のある、貴重な一冊ではないでしょうか。

優れた投資家は、バリュー投資家

「本質的な価値に対して、価格が下回っているものを買え」と言っています。つまり割安な株を買え、バリュー投資をしろ、ということ。

ただ何を持って「本質的な価値」とするのかは非常に難しい。この本には、手法については述べられていません。「10人いれば10通りの投資手法がある」という格言もあります。本にある「投資においては科学よりもアートの要素が強い。」ってのは、そういう理由でしょう。

これからの時代、仕事に必要なスキルは「サイエンス」か「アート」か」にも書きましたが、「再現性」のある手法を皆が使ってしまえば、その手法で稼ぐことはできません。「本質的価値」を計算する分かりやすい単一の指標があれば、それを元に多くの投資家が買い、価格はつり上がります。割安ではなくなってしまうわけですね。

一次思考をする者は、他の一次思考をする者と同じことについて同じように考え、だいたいは同じ結論にたどりつく。

 

 

「アートの要素が強い」となると、投資の勉強としては「偉大な投資家の哲学を学びながら、失敗を繰り返しながら、自分の哲学を作っていく」しかありませんね。いやー厳しい。

すばらしい投資成績を達成するには、資産の価値についてコンセンサスとは違う見方をしなければならず、しかもそれは正確でなければならない。これは簡単なことではない。

 

そして逆張り投資を推奨しながら、次のようにも言っています。

とはいえ、逆張りもつねに利益をあげられるアプローチではない。絶好の買いどきや売りどきは、バリュエーションが極端な水準に達した場合に訪れるのであり、日常的にやってくるものではない。(中略)その場合、あまり勝ち目のない状況にあることを認識し、より慎重に振る舞わなければならない。

 

バリュー投資は、市場の非効率性を利用して利益を出す方法です。ただ市場は基本的に効率的です。非効率を見つけるのは非常に難しく、稀だといいます。

サイクルを意識する

社会は、人間の脳の集合体です。そして科学技術が進歩しても、生物としての人間の脳は2~3世代で進化する代物ではありません。

「歴史は繰り返す」といいます。人間は何度も同じミスを繰り返すのです。それは生物としての人間の脳が進化していないからかもしれません。

日本には「栄枯盛衰」という言葉がありますが、ハワード・マークスは経済サイクルを「強欲と恐怖の振り子」と表現しています。

具体的にどのようなプロセスを辿るのかは、第8章「サイクルに注意を向ける」を読んでみてください。

 

経済は10年単位で大きく変動するといわれます。リーマン・ショックが起きてから10年がたちました。

今はサイクルの、どの段階にいるのでしょうか・・

 

テクニカル分析より、ファンダメンタルズ分析

また、投資というものはアルゴリズム化して、コンピュータに一任することはできない。

引用元:『投資で一番大切な20の教え』

金融の世界には、多くのAIが参入してきているといいます。最近では、ゴールドマンサックスで600人いたトレーダーが現在では2人しかおらず、代わりにエンジニアが雇われているといニュースが話題になりました。

デイトレードのようなテクニカル分析を用いた短期の投機では、スピードでも網羅性でもAIには敵わないですよね。人間のように、ずっとモニターとにらめっこしてる必要もないですし。もちろん、CISさんのような天才もいらっしゃるのですが。

個人的には、投機では、統計的に有意であれば「テクニカル分析」も役に立つのでは?と思います。この考え方が危険なのでしょうか・・

ただ有効な分析であっても、AIに地位を奪われることは間違いない気がします。

同じような手法を使っていれば、買うタイミングが似かより、価格はつりあがり、利益は薄くなります。ということは短期売買ではAIたちの「手法の奪い合い」という争いが起こるのかもしれません。

保守的であれ

内向型で疲れるあなたへ。自分を受け入れて悩むのをやめよう。」で『内向型人間のすごい力』を紹介しました。

その第7章「ウォール街が大損し、バフェットがもうかったわけ」で、著者のスーザン・ゲインは「金融危機をもたらしたのは押しの強い外向型」だと言っています。

ハワード・マークスも同じ考えであり、慎重に恐怖心を持って、相関の低い銘柄に分散投資することの大切さを、クドイほど繰り返しています。

他にも同じことを言っている人は多いです。でも頭で分かっていることと、実際にできることは違います。世間が熱狂しているときに、クールでいられるか。「自分は大丈夫」という人こそ、慎重さに欠ける人だと思います。

知りうることを、知ろうとする

事実、偉大な投資家のほとんどは、私が知る限り(ウォーレン・バフェットをはじめ)科学技術恐怖症である。彼らは自分が理解できないものは保有しない。

引用元:『ピーター・リンチの株で勝つ』

マクロ経済情勢や、金利がどうなるかを知ることは、不可能です。多くのアナリストが予測を外していることからも明らかです。

遠い未来の話なんて、分かるわけがありません。それよりも「個別の企業や証券について、他より多くのことを知る」ために努力すべきだ、とハワード・マークスは言っています。

 

ピーター・リンチは「消費者としての優位性」を使うことを勧めていました。ファンドマネージャー達が気づく前に、1人の消費者として良い会社に気付くこともできるわけです。これも「知りうることを知る」発想だと思います。「よく分らん業界の会社よりも、まずは身近な会社に目を向けろ」ということです。

ピーター・リンチの株で勝つ』から分かるピーター・リンチの投資哲学は、ハワード・マークスのそれに近いです。興味のある方は、こちらもオススメしておきます。

 

 

【30日無料】Kindle Unlimited

言わずと知れた、Amazonの読み放題サービスです。僕自身も、2年以上使っているサービスです。月に1冊以上を読む人なら、まず元をとれます。
雑誌や漫画などの、読み放題もあります。自分が普段読まないような本も、「立ち読み感覚」で読めるので、オススメです。

\ 30日間は無料 /

レビュー記事へ

Amazonの本読み放題サービス

 

【時短】読書サービス【flier】


本サイトで何度もおすすめしている、本の要約サイト【flier】のご紹介。1冊10分で、効率よく読書できます
「忙しいけど読書をしたい」あなたに、ピッタりです。

\ 1冊10分で読める /

レビュー記事へ

いま読むべき本を厳選

こちらの記事もおすすめ