ブログ運営

ゆうこすの本『共感SNS』を、ツイッター運営に生かそうと思う

 

読者
読者
「ゆうこす」って誰・・?

 

湯川あやと
湯川あやと

インフルエンサーだよ。

2019/07/09時点で、ツイッターのフォロワーが30万人もいる方なんだ。

ツイッター/インスタ/YouTube/生配信と、幅広くやっているみたいだね。

読者
読者
「SNSのプロ」か・・!

 

今回はゆうこうすさんの本、『共感SNS』を読んで、

今後のツイッター運営について考えた話です。

 

 

ツイッターのプロフィールを充実

 

以前は「文字ばかり」のプロフィールでした。

客観的にみれば、読みにくいですよね~

でも絵文字をふんだんに使ったプロフィールって、胡散臭いかんじがして嫌だったんです。

 

ですが『共感SNS』を読んで、プロフィールの重要性を知りました。

 

湯川あやと
湯川あやと

Twitter運営をしていて気付いたのですが、

みんなリンクを踏んでくれないんですよね。

 

 

↓の画像だと、17のうちリンクを踏んでくれた人は1人です。

 

色々と見ていると、リンクを踏む代わりに、プロフィールをクリックしているようです。

リンクだけじゃ、どこに飛ばされるか分からないからですもんね。

まずプロフィールを確認して、「信用できるか」を見定めているのでしょう。

 

また現在、このブログに月間で50人くらい、ツイッターから来てくれています。

(少ないですが、フォロワーも少ないので)

「ブログ更新のお知らせ」ツイートからの流入数より、ずっと多いのです。

 

おそらくこの50人は、プロフィールから来てくれているのだと思います。

 

湯川あやと
湯川あやと

プロフィールはめちゃくちゃ大切ですね。

定期的に、見直した方がよさそうです。

 

「共感」と「メリット」を意識

 

ゆうこすさんは、フォロワーを増やすには、2つの事を意識すべきだといいます。

それは、↓の2つです。

  • 共感
  • メリット

 

『共感SNS』を読んでから、インフルエンサーたち(芸能人を除く)のツイートを、観察してみました。

やはり、この2つは大きく当てはまると思います。

 

実際、僕もリツイートをするときには、

「なるほど!」とか「あるある!」と感じた時が多い。

 

『共感SNS』を読んでから、この2つを意識したツイートを、多めに行うようにしました。

まだまだ質が低いですけどね(笑)

読者
読者
少なくとも「帰宅なう」とはつぶやかないようにしよっと。

 

インスタを始めてみた

 

インスタとは縁が無かったのですが、『共感SNS』を読んで興味を持ち、始めてみました。

 

とはいえ、始めてみて気付いたことが、

ツイッターとは文化が大きく異なる」こと。

 

具体的には、

  • リツイート機能が無い
  • コピペが出来ない
  • リンクが機能しない

って感じでして、ブログとの相性が悪いのです。

 

 

クロスメディア

 

湯川あやと
湯川あやと

インスタには独特の文化があり、運営はすごく楽しそう。

ブログとの相性が悪くとも、続けていきたいな。

 

 

そこで参考になったのが、ゆうこすさんの「SNSの使い分け」です。

ゆうこすさんは、SNSに合わせて、発信内容を変えているそうです。

 

この本を読んでいるときに、大学で学んだ「クロスメディア」を思い出しました

マーケティングの用語でして、「複数の媒体で、少しずつ異なる訴求を行う」ことです。

かなり最近の考え方だそうです。

 

従来はIMC (Integrated Marketing Communication)といって、

複数の媒体で、一貫したメッセージを伝えることが良いとされました。

 

確かに、テレビCMで「高級なイメージ」を伝えている一方で、YouTubeで「安さをウリにした」広告をうてば、

消費者は混乱するでしょう。

 

「一貫している」というのは、広告の基本なんだと思い込んでいました。

 

が、「クロスメディア」では逆のことを行います。

媒体ごとに、少しずつではありますが、伝えるイメージを変えるのです。

 

各メディアごとに、メリット・デメリットがあります。

各メディアで、「メリット」を最大限に得ていく。

そのために、少しずつ、発信内容を変えていく方法なのです。

 

SNSをどう使い分けるか

 

僕も「IMC」的な考え方しか持っていなかったのですが、

『共感SNS』を読んで、「クロスメディア」的な運営も面白いと思いました。

 

湯川あやと
湯川あやと
SNSごとに、発信内容を変えていこうと思う!

 

まだハッキリとは決めていませんが、、

 

Twitter ⇒ 発信内容を、3つくらいに絞る

Instagram ⇒ 本の写真

Facebook + 特化ブログ ⇒ ビジネス

このブログ ⇒ 雑記

 

って感じにしようと思っています。

 

ツイッター・ブログ

 

ツイッターは、ガンガン流れていくため、発信内容が3つくらいあっても大丈夫だと思います。

ブログは検索/SNSからの流入なので、なんでも書けます。

 

インスタ

 

Instagramはテーマを統一しないと、プロフィールの写真一覧が、煩雑になります。

発信するテーマは1つに絞るべきでしょう。

 

現在は、「読んだ本の写真」を載せていこうと思っています。

ブログで書評を書かなくとも、写真をとって一言コメントを書くだけなら、手間もかかりません。

 

ブログで書評にしにくい本も、紹介できます。

インスタのプロフィールには、ブログの「書評カテゴリー」を載せておけば、

ブログにも遊びにきてくれます。

 

将来的には、Facebookも。

 

「Facebook + 特化ブログ」は将来的な話です。

ビジネス系の知識を発信したいと考えています。

 

湯川あやと
湯川あやと
これからその勉強をするのですが・・苦笑

 

ブログの使い分けとしては、

雑記(このブログ) ⇒ ビジネス書の書評

特化 ⇒ 知識そのもの

としようかな、と思います。

 

今後の運営で、考え方は変わっていくと思いますけどね。

 

ツイッター・ブログに対する意識が変わった。

 

このブログは、運営当初から「湯川あやとの”成長記録”

という意味合いを持たせていました。

 

ところが、長い間、運営しているうちに

「バカに思われたくない」

「賢く思われたい」

って考えが頭をよぎっていることに、『共感SNS』を読んで気づかされました。

 

湯川あやと
湯川あやと
悪い癖ですね・・

 

やはり、SNSでは「等身大」の自分を見せたい

ぼっちで劣等感の塊である僕が、成長していく様を見せたい。

そして将来、同じように悩んでいる人に、勇気を持ってほしい。

 

これが僕の想いです。

 

自分専用のハッシュタグを作ろうと思う

 

ゆうこすさんは、「#ゆうこす現象」というオリジナルの、ハッシュタグを作っています。

 

僕もこの考え方が、すごく気に入りました。

「#Ayato_memo」を作ろうかなぁと考えています。

 

「#Ayato_memo」で、学んだことを発信していく。

固定ツイートに、「間違えていることがあれば、どんどん指摘してください!」と書いておこうと思います。

(この夏から、始めます)

 

湯川あやと
湯川あやと

今までは、「すごい人にならないと、発信できない!」って感覚が強かった。

ですが、これからは「すごい人になる”過程”」を、SNSで発信していきたいと思います。

 

ツイッターを通じて、成長していく。

これほど素晴らしいSNSの使い方があるでしょうか。

 

↓応援、よろしくお願いします。

執筆者:湯川あやと @AyatoYukawa

 

『共感SNS』は経験ベースの本でして、小難しい話は一切でてきません。

SNS運営に興味がある方なら、一読の価値アリですよ。

「こんなSNS運営もおもしろそうだなぁ」と、妄想して楽しめる本でした。

 

【30日無料】Kindle Unlimited

言わずと知れた、Amazonの読み放題サービスです。僕自身も、2年以上使っているサービスです。月に1冊以上を読む人なら、まず元をとれます。
雑誌や漫画などの、読み放題もあります。自分が普段読まないような本も、「立ち読み感覚」で読めるので、オススメです。

\ 30日間は無料 /

レビュー記事へ

Amazonの本読み放題サービス

 

【時短】読書サービス【flier】


本サイトで何度もおすすめしている、本の要約サイト【flier】のご紹介。1冊10分で、効率よく読書できます
「忙しいけど読書をしたい」あなたに、ピッタりです。

\ 1冊10分で読める /

レビュー記事へ

いま読むべき本を厳選

こちらの記事もおすすめ