書評

『10倍速く書ける 超スピード文章術』を読んで、1.5倍くらい速くなった話

 

文書を書く「スピード」を追求したい人に、オススメする本をご紹介。

※この記事は、1分で読めます。

 

要約:『10倍速く書ける 超スピード文章術』

 

簡単に、内容をご紹介しますね。

一言で要約すれば、「どう書くかよりも、何を書くかが大切」となります。

文章は「素材を集める ⇒ 並べ替える」という要素に分解できます。

著者は、この「素材を集める」部分を工夫することで、速さを保っているのです。

 

著者は、ビジネス書のブックライターさんです。なんと3000文字を、1時間で書き上げるのだとか。

僕なら3時間はかかります・・(苦笑)

 

後の内容は、

素材を集めるコツ

素材を並べるコツ

速く書くための、スマホやパソコンの使い方

速さを確保しつつ、「分かりやすく」書く方法

推敲のやり方

 

といった内容になっています。

 

こう見ると、当たり前のことばかりな気もしますよね。

ただ、一貫して「速さ」にこだわっている所が、この本の特徴です。

忙しい現代人。「速さ」にこだわったライティング本は、貴重だと思います。

 

文章の書き方が、どう変わったか?

 

ま、さすがに10速くはなりません(笑)

でも1.5倍くらいには速くなったと思います。逆にリアルでしょ?(笑)

 

この本を読むまでは、PCの前で「何を書こうかなぁ~」と悩むことも多かったのですが、

最近は、「PCの前に座ったら、素材を並べるだけ」といった感覚に変わっています。

 

ブログでいうと、以下のような流れで書くようになりました。

タイトルを決める ⇒ 1週間くらい空ける ⇒ 記事を書く

この1週間の間に、素材を集めています。

ボーッとしている時や、散歩している時に、書くべき内容がフッと思い浮かんできます。それを、スマホのメモ帳に書き留めておく。PCの前では、あくまで並べるだけ、にしています。

 

湯川あやと
湯川あやと
この記事は、素材を集めずに、いきなり書いてるけどね(笑)
読者
読者
・・・

 

また書くことへの、【抵抗感が減りました】。

些末な文章表現にこだわっているライティング本も多いですが、この本は「素材」にこだわっています。

自分の文章力に自信のない人は、肩の力を抜いて書けるようになると思います。

 

「量」をこなさないと、「質」も上がりません。そして「量」をこなすためには、「スピード」が不可欠です。

 

「スピード」は、最初にみにつけるべきかもしれません。

スピードが上がる ⇒ 書ける量が増える ⇒ 質が上がっていく

という流れが生まれるからです。

 

レビュー:『10倍速く書ける 超スピード文章術』

「速さ」にこだわった視点が、面白い本でした。

 

こんな人にオススメ

☑︎ 書くのが遅くて、悩んでいる

☑︎ キレイに書こうとするあまり、手が止まる

 

湯川あやと
湯川あやと
他のライティング本を読んだことがある人でも、視点が違って面白いですよ!

 

 

ちなみに『10倍速く書ける 超スピード文章術』の要約が、本の要約サイト【flier】で読めます。

↓記事も、チェックしてみてください。

【最高】本の要約サイトflier(フライヤー)の口コミ・評判・料金は? ・読みたい本を、すべて読むだけの時間がない ・効率よく読書したい 本記事では、「忙しいけど、スキルア...

 

↓【文章力タイプ】別に、ライティング本をまとめています。どの本を読むべきか迷っている人は、こちらもチェックしてください。

必ず文章力が上がる!タイプ別のおすすめライティング本9冊+書き方5原則 「文章力」は、範囲が広い言葉です。 論理的に書く力(レポート) 事実を誤解なく伝える...

【30日無料】Kindle Unlimited

言わずと知れた、Amazonの読み放題サービスです。僕自身も、2年以上使っているサービスです。月に1冊以上を読む人なら、まず元をとれます。
雑誌や漫画などの、読み放題もあります。自分が普段読まないような本も、「立ち読み感覚」で読めるので、オススメです。

\ 30日間は無料 /

レビュー記事へ

Amazonの本読み放題サービス

 

【時短】読書サービス【flier】


本サイトで何度もおすすめしている、本の要約サイト【flier】のご紹介。1冊10分で、効率よく読書できます
「忙しいけど読書をしたい」あなたに、ピッタりです。

\ 1冊10分で読める /

レビュー記事へ

いま読むべき本を厳選

こちらの記事もおすすめ