大学受験

現役で本気を出せなかったのであれば浪人の成功率は低い

浪人 成功率

 

こんにちは、あやとです。

この記事を読んでいるあなたは、今ちょうど浪人しようかどうか迷っている受験生だと思います。

 

ぼく自身は2年間の自宅浪人をした経験があります。

 

なぜ浪人したかといえば、学歴が欲しかったからです。

浪人1年目は絶対に受からないと分かっていた「東大」を受験しました。

模試の成績はC判定。浪人でC判定では、受かる可能性はかなり低いです。

それにもかかわらず「東大」しか受験せず、すべり止めは受けませんでした。

 

当時のぼくにとっては学歴がすべてだったのです。

今振り返れば、「なんて狭い世界で生きていたんだろう」と思います。

 

浪人生活はまあ酷いものでした。

2年浪人すればお酒を飲める年齢になります。

家にひきこもり、朝から酒を飲む日々が始まりました・・・

 

今回はそんなぼくが、「現役で頑張れなかった受験生は、浪人しても頑張れない」ことをお伝えします。

そして最後に、浪人しようかどうか迷っているあなたにアドバイスをします。

 

そもそもの原因は、大学受験とあなたのミスマッチ

 

現役のころ受験勉強を頑張れなかった根本的な原因は、あなたと大学受験の相性が悪かったからではないでしょうか?

 

あなたは受験勉強が好きですか?

もし好きなのであれば、現役のころに頑張っているはず。

クラスに東大理Ⅲに受かった人がいました。

その子は本当に楽しそうに友達と数学の話をします。

センター試験当日の休み時間にも「数学オリンピック」の問題を解いていたほど。

よっぽど勉強が好きなんでしょうね。

 

さらにもう1つ質問、あなたは本当に学歴を求めていますか?

クラスの中に、勉強中に後ろで親に監視されているという人がいました。

まさに「学歴のために」無理やり勉強しているタイプといえるでしょう。

 

受験生が勉強に精を出す理由は、「勉強そのものが好き」というタイプと、「学歴のために頑張る」タイプに分かれます

 

あなたが頑張れなかった理由はこのどちらにも属さないからです。

決して怠け者だからではありませんよ。

自分を責めないでくださいね。

 

 

理由①学歴のために頑張れない:成功の意味

 

ぼくたちは、あることに、なんとなく気づいています。

それは「世の中で成功者と呼ばれている人たちが、決して優等生ではない」こと。

有名な経営者さんが高卒であったり、大学中退であったりしますよね。

 

彼らは仕事を創る側の人間です。

それに対して受験勉強では、決められた範囲に従って勉強をする。

 

つまり受験勉強は「与えられた仕事をこなす」訓練だといえるわけ。

ホリエモンは著書『すべての教育は「洗脳」である 』の中で、学校は労働者を生み出す機関だとしています。

労働者は「与えられた仕事をこなす」ことで評価されるわけです。

 

ここで質問です。

学歴を求めて勉強してきたあなたは、成功欲・出世欲が強いのではないでしょうか?

ぼくもそうです。

 

もしそうであれば、「学歴を求めて努力する」ことと「成功する」ことの間にギャップがある可能性があります。

あなたが本当に欲しいものは、「学歴」ではなく「成功」なのではありませんか?

 

ブラック企業がはびこる現代。「会社の中で労働者として出世する」ことに、あなたは魅力を感じていますか?

あなたが本当に魅力を感じているものは、「会社に生涯を捧げる」ことではなく、「自由な生き方」ではありませんか?

 

もしそうであれば、学歴のために頑張れなくても無理はありません。

ぼくが頑張れなかった理由はコレでした。

ぼくが求めていたのは、自由な生き方であり、経済的な成功です。

大学受験のために頑張ることは、ぼくの本意ではなかったことに、後から気づきました。

 

あなたも、自分がなぜ学歴を求めているのか、自問自答してみてください。

それは「見栄」のためかもしれません。

しかし「見栄」を張る方法は学歴以外にもたくさんありますよ。

 

なぜ学歴を求めているのか?

その根本的な原因を考える必要があります。

 

 

理由②受験勉強が面白くない

 

あなたは学校の勉強が嫌いだと仮定します。

嫌なことは続きません。

現役の時でさえ続かなかったのに、浪人すると何かが変わって、嫌いな勉強を続けることができるようになると思いますか?

無理です。

 

「何かが変わって」という部分はぼく自身が、自分に期待したことでもあります。

「環境を変えれば、何かが変わる」

そう思って浪人を決意しました。

しかし何も変わりません。

 

根本的な原因である「受験勉強が面白くない」という部分は何も変わっていないからです。浪人したからといって、勉強が面白くなるわけではありません。

 

あなたは受験勉強を面白くないと感じてしまう自分を、責めてはいませんか?

ぼくは責めていました。

そんな自分を変えたいと思って浪人した面もありました。

 

しかし「受験勉強が嫌い」であることは何も悪いことではありません。

人間は本来、勉強が好きな生き物です。

受験の内容に興味を持てないとしても、誰にでも興味のあることはあるはずです。

 

それを頑張ればいいのです。

「嫌なことを嫌々やる」のと、「好きなことに熱中する」

どちらがより成果を生むかは火を見るよりも明らかです。

 

浪人しようか迷っているあなたは真面目な方だと思います。

我慢してでも勉強しなければならないと、思い込んでいるのかもしれません。

ですが自分の感情に、少しだけ正直になってもいいのではないでしょうか。

あなたに必要なのは、「浪人して、我慢しながら勉強を続ける」ことではなく、「大学に行き、新しいことにチャレンジする」ことや「自分の好きなことに打ち込む」ことかもしれませんよ。

 

 

学校が悪い

学校 洗脳

 

ぶっちゃけていうと、学校が悪いと思います。

 

ぼくが通っていた高校は田舎の進学校でした。

月に一度はテストがあり、その結果が職員室の前にはりだされました。

競争させられているわけです。

 

学年集会では、予備校の様々な資料を見せられ、「いかに受験勉強が大切か」を教えられました。

先生たちも、成績の良いやつには甘く、彼らを可愛がります。

 

学校という狭い空間。

まるで「受験勉強がすべて」かのように思ってしまいました。

一種の「洗脳」といえるかもしれません。

 

高校はもはや「大学進学のための予備校」でした。

 

「やりたいことが見つからない」と悩んでいる人をよく見かけます。

それもそのはず。

狭く閉じた空間の中で、机の前に座ってただ問題を解く。

そんな環境でやりたいことなど見つかるわけがありません。

 

 

浪人するかどうか迷っているあなたへアドバイス

 

現役で頑張れなかったあなたは、「学歴に魅力を感じていない」か「受験勉強に面白みを見いだせない」のだと思います。

もしそうであれば、浪人しても成功率は低いでしょう。

浪人したところで根本的な解決にはなっていないからです。

 

ただしこの記事を当時のぼくに見せたとしても、ぼくは浪人という選択をしたと思います。

それほど洗脳されていました。

 

失敗しないと学ばないこともあります。

あなたがどちらの選択をしたとしても、必ず何か学ぶことはあるはずです。

ぼくとは違うことを感じ、違う結論に至るかもしれません。

 

どちらの選択をするにせよ、あなたは一歩踏み出すのです。

「今まさに浪人しようかどうか迷っている」

その迷いはあなたを強くします。

その迷いはあなたに人間的な魅力を与えます。

 

大学に行けば分かりますよ。

推薦で大学に入って、大声ではしゃいでいるだけの奴らの100倍、あなたは魅力的ですから。

 

自分を責めることなく、安心して、判断を下してください。

 

おしまい。