未分類

【時短】模試の復習ノートは作るな!? 【復習ダルいw】って人にオススメの復習法

模試の復習

 

  • 模試をコピーして、
  • ノートに貼りつけて、
  • 何度も解き直す

 

「模試の復習」として、↑を勧めている人もいます。

 

・・でもさ、めんどいよねw  ダルいよねw

これが普通の人の、感覚ですよw

 

本記事では、キレイごとは言いません!

「面倒くさがり屋」のための、模試の「ゆる~~い復習法」を、教えます。

 

とはいえ、僕は東大「不」合格者ですので。

話半分に、聞いてください。

 

模試の復習は必要?:目的を考えよう

 

読者
読者
「模試の復習」って、どのくらいやればいいの?
湯川あやと
湯川あやと
その前に、まずは模試を受ける目的を考えよう。

 

第三者からの客観的な評価:判定

 

ふだん勉強していると、比較する対象は、「同じ学校の友達」ばかりになりがち。

超進学校ならよいですが、そうでない場合、友達と比較しても自分の相対的な学力は分かりません。

成績の悪い友達と比べて、安心するのは、むしろ危険です。

 

そこで、模試が活躍します。

全国の受験生と比べて、自分がどの位置にいるのか。

今の時点での、志望校合格の可能性(判定)も分かります。

学校や塾で勉強しているだけでは得られない、ありがたい機会です。

 

また、第三者に採点してもらえるのが、ありがたい。

「学校の先生に採点してもらってるよ?」と、声が聞こえてきそうですが。

実はあまり、アテになりません。

とある研究によると、「生徒の印象や、授業態度」「前回のテストの成績」などで、採点が甘くなったり厳しくなったりするそう。

先生も、人間ですからね。仕方ないです。

一方、模試であれば、「あなたのことを全く知らない採点官」が、添削してくれます。

本当の意味で、客観的な点数を、つけてくれます。

 

本番に慣れる「練習」

 

学校の定期テストでは、「単元・分野ごと」のテストが多いでしょう。範囲が明確に、決まっているのです。

そのため、一夜漬けでも、何とかなりますw

一方、模試は「様々な単元の問題が、1つになったテスト」です。

より本番形式に近く、「一夜漬けではない」本当の実力がはかれます。

 

自分で勉強する際も、「単元ごと」に学習することが多い。

「本番に慣れる」意味でも、大切です。

 

とくに高校の「外部」で行われるテストは、貴重です。

「大学」が試験会場になっていることも。

入試本番は、「大学」で行われますからね。

会場の「雰囲気」をつかめるのは、大きなメリットです。

 

また、半日かけて行われるテストは、自分の「集中力」を試すこともできます。

集中力は、必ず切れます。

その中で、どれだけ実力を発揮できるかを、練習できるのです。

 

分からない所の確認

 

上記2つのメリットは、「模試の復習をすべきかどうか」に関わりません。

言い換えれば、↑2つのメリットを享受したいだけなら、「模試の復習は必要ない」とさえいえます。

 

模試の復習をすべきメリットは、3つ目の「分からない所の確認」です。

当たり前ですねw

解きっぱなしは、もったいないですから。

 

模試は、「問題集形式では、気づきにくい」自分の弱い所を、顕にします。

普段の勉強では、1単元ごとの勉強が多い。

すると、意外と「弱い」部分に気づかないんです。

「暗黙の了解」のようなモノが出来てしまって、「あまり考えずに」解いてしまうからです。

(上手く説明できませんが、この感覚は分かるかと)

 

湯川あやと
湯川あやと
模試は、自分の弱い所を浮き彫りにする、大切な機会。復習は、「絶対に」必要です。

 

「模試の復習がダルい」原因と対策

読者
読者
そう言われても、模試の復習って面倒くさいw
湯川あやと
湯川あやと
「面倒くさい」原因を、考えてみよう!

 

模試の復習が「面倒くさい」理由

 

先に答えを言うと、「疲れるから」です。

 

皆さん、問題集を解いたら必ず、解説をみて納得しますよね?

模試も、それと同じことをやればいい。

でもなぜか、「模試だとやらない」人が、多いんです。

 

その理由は、「量が多すぎて、疲れる」からです。

問題集なら、「1問解いて → 解説を見る → 解き直し」を、当たり前にやります。

でも模試になると、5教科の何十問もの問題を、まとめて復習することになるのです。

これが、ハードルが高すぎるんですね。

 

対策:ハードルを下げる

 

人間は、ハードルが高すぎると、やらない生き物です。

タスクを「細分化」するのも手ですが、ダラダラしがちに。

模試を受けてから時間が経つと、やる気もどんどん失われます。

 

その一方で、学校の先生たちは口をそろえて、「模試の復習はシッカリと!」と叫ぶ。

「生徒の気持ち、分かってないなぁ」と感じます。

無駄にハードルを上げて、やる気を削ぐだけです。

 

そこで、僕は「ゆる~~く復習する」ことを、オススメします。

誰でも・手軽にできる、必要最低限の、復習です。

まず「復習を始めること」が、第一歩ですからね。

 

湯川あやと
湯川あやと
まずは「ゆる~~く復習する」事から始めよ。これが本記事で伝えたいことです。

 

模試の復習ノートは、作らないのがオススメ

 

ハードルが高すぎる「模試ノート」

 

読者
読者
模試の復習といえば、「模試ノート」が思い浮かぶけど・・
湯川あやと
湯川あやと
本当に後で、見直すの? 飽きてやめるのが、オチじゃない?

 

よく言われる模試ノートは、作らないのがオススメです。

もちろん「模試・ガチ勢」ならいいんですが。

「面倒くさいなぁ」と感じる人は、止めておくのが無難です。

 

理由は、①「管理が難しい」こと。また、②「模試・専用ノートを作ることに意味は無い」ことです。

 

ズボらな人は、①が特に重要です。

  • 最初の数ページだけ使って、後は真っ白
  • ノートにまとめても、後で見返さない

 

「ドキッ」とした人は、模試ノートはやめておきましょう。

ノートを作ることが目的ではありません。復習することが、目的ですからね。

 

また②模試・専用ノートを作る意味は、ありません。

なぜ普段使っている「問題集用のノート」に書き加えては、ダメなんでしょう?

  • 授業用ノート
  • 塾用ノート
  • 〇〇参考書ノート
  • XX参考書ノート

たくさん使い分ける人は多いですが、ノートは数が増えるほど、管理が難しくなります。

何冊ものノートを使い分けられる人は、少ないでしょう。

 

湯川あやと
湯川あやと
ノート数が増えるほど、「後で見返さなくなる」リスクも増えます。

 

では、どうする?

 

僕のオススメは、「模試の復習」を、すでに持っている「授業用ノート」や「問題集ノート」に、無理やりブチ込むこと。

「ノートが煩雑になるのでは?」という声が聞こえますが。

後で見返さなくなるより、マシです。

それにノートなんて煩雑でOK。

復習が目的です。キレイにまとめる事が、目的ではありません。

勉強できる人のノートは、汚いことが多いですよねw

 

イメージとしては、

  • 分野別ではなく
  • 時系列にまとめる

感じです。

 

授業中にとったノートの合間に、「模試の復習」がブチ込まれる形になります。

授業の復習をする時にも、チラチラ目に入ります。

「自然と」後から何度も、復習することになる。

管理コストもかからない。

 

湯川あやと
湯川あやと
復習しやすいですし、意外にも「まとまる」から不思議。

 

また、「思わぬ気づき」も得やすくなります。

  1. ノートで、授業の復習をする
  2. たまたま「模試」の復習が目に入る
  3. ①と②がつながる

パターンが多い。

 

「模試は、模試ノート」「授業は、授業ノート」「問題集は、問題集ノート」

このように分割すると、それぞれの知識が、独立してしまう。

でも1つのノートにまとめると、体系のある知識に変わるのです。

管理コストもかからないため、一石二鳥ですね。

 

教科別!模試の【時短】復習方法

 

歴史・化学など、「知識系」の科目

 

「知識系」の科目とは、社会・無機化学・生物などの、知識問題です。

問題を解けなかった原因が、「知識の不足」にある場合と捉えてください。

 

この場合、僕は「ノートに書き込む必要すらない」と思います。

余裕があれば、もちろんノートにまとめてもOK。

でも僕みたいにズボらな人は、以下の方法がオススメ。

 

それは、教科書・参考書に、書き込む方法です。

  • 足りなかった知識に、グルグルっと○をつける
  • 日付を書き込む
  • 〇〇模試と書く

たったこれだけ。

 

こうすれば、教科書を開くたびに、「覚えなきゃ!」って気持ちになる

また「模試の復習ノートは、使わなくなる可能性がある」と言いましたが。

この方法なら、そんなリスクも、回避できます。

教科書やお気に入りの参考書であれば、(「模試の復習のため」でなくとも)何度も見返すからです。

 

湯川あやと
湯川あやと
「模試で、ココを間違えた。」という記録を残すだけでも、十分に効果があります。

 

数学など、「思考型」の科目

 

数学に限らず、物理・化学にも同様です。

要するに、「解けなかった原因が、考え方にある」場合に有効です。

 

ノートでも参考書でもいいので、以下の2つだけを考えてください。

  1. 解けなかった、根本的な原因は?
  2. どんな思考パターンがあれば、解けたか?

 

①も②もシンプルに一言でいえるといい。シンプルな方が、様々な問題に、応用が効きます。

応用問題は、「基礎の組み合わせ」です。

本番形式の「模試」で出てくる問題を、1つ1つ分解して、解けなかった本質的な原因を探るイメージです。

 

数学を例にとって、考えてみます。

①「対称性」の利用に気づかなかった
②「計算」でゴリ押す癖をなくす。「計算量が多すぎる」と感じたら、1歩立ち止まって考える癖をつける。

①「漸化式」を使う発想が無かった
②「繰り返し」に気づいたら、漸化式の利用を考える

①抽象的に考えすぎて、つかみどころが無かった
②単純化・数字を当てはめ具体化して考えてみる

①「はさみうちの原理」の利用が、思いつかなかった
②「極限」を真正面から求められない→「はさみうちの原理」から攻める

 

  1. 解けなかった、根本的な原因は?
  2. どんな思考パターンがあれば、解けたか?

 

この2つを考え、授業用ノートの端っこに書いておきましょう。

ノートの上の方にある空白に、書き留めておくだけでも、効果はあります。

 

問題のエッセンスだけを抜き出すため、復習の効率がいい

「最小の時間で、最大の効果を得る」復習だと、思います。

「問題の本質は何か?」と考える時間も、学びになっています。

模試だけでなく、普段の勉強にも取り入れてください。

 

また模試には、「別解」がたくさん書かれていることが多いです。

この別解も、「目を通す」だけでもいいので、チェックしましょう。別解も、少し設定が違えば、本解になりえますからね。

たくさん別解にふれることで、使える道具が増えていきます。様々な思考パターンに触れることは、数学に有効ですよ。

 

英語の復習

 

まず、分からなかった単語は、ノートにまとめましょう。

箇条書きでOKです。ついでに、文法や熟語も、書き入れてください。

英単語ノートは、必ず作ることをオススメします。ノートを作らないと、頭に入りません。

ただし先述した通り、「模試・専用」ノートを作る必要はありません。

普段使いの単語ノートを、作ってください。

 

次に、英作文について。

解答を見て、使いやすい表現があれば、ストックしましょう。先ほどの「単語ノート」に書いてしまえば、OKです。

「そもそも英作文の勉強なんて、したことねぇ!」って人は、まず↓記事を読んでください。

英作文は、長文よりも差がつきます。勉強しないのは、もったいないです。

英作文は大学受験の【お宝】科目!英作のコツ・勉強法・参考書・添削サービスをご紹介 リーディング・リスニングに比べると、英作文は添削を必要とする分、はるかに自分で学習しにくいです。 ...

 

次に、長文です。

長文は1通り解説を読んだ後、10回ほど音読してください。

10回音読すれば、10回英文を読んだことになります。

800語の英文であれば、8000語読んだことに。

英語に慣れるのに、音読ほど効率がよいものはありません。

音読する際には、解説にあった「解答の根拠」を意識しましょう。問題の解き方のコツが、みにつきます。

 

古典も、英語と同じように復習してください。

似ている部分は、多いです。

音読も、とくに漢文に有効ですよ。

 

現代文の復習

 

皆さん、自分が普段使っている、【解き方の型】があるはずです。(教わった先生により、違うでしょう)

その【解き方の型】に従って、解答を読みかえてください。

 

自分が普段使っている【解き方の型】に当てはめれば、どう解けるのかを、自分なりに検証してください。

  • 自分なりの解き方を、持っていない
  • 今まで何となく、現代文を解いてきた

人は、おそらく現代文が苦手な人です。

そのままでは、いくら復習しても、「何となく」の粋を出ません。

身近に、優れた現代文講師がいないなら、スタディサプリの利用をオススメします。

スタディサプリ現代文

 

とはいえ、現代文の復習は、ほどほどでOKです

現代文は、模試の質が低いことも多い。

現代文の復習は、「ゆる~く」やればOKです。

予備校の講師がつくった問題が、大学教授がつくった問題に劣るのは、当然ですからね。

模試の解き直しは、本当に必要なのか?

 

模試の解き直しは、必要か?

ココまで読んでくれたなら、予想はつくでしょう。

答えは、「ムリにやらなくてOK」です。

余裕がある場合のみ、解き直してください。

 

「何度も解き直す」使い方は、模試の得意分野では、ありません。

「何度も解き直すこと」を目的とした場合、問題集の方が効率がいいです。

問題集は、大学の過去問から良問を集め、編集しています。

予備校講師がつくった1度限りの問題より、問題の質は高いのです。

キレイに製本されているから、持ち運び・管理もしやすいですし。

 

ただし、「〇〇大学模試は、解き直す」ことをオススメします。

同じ大学を志望する、ライバルの大半が受ける模試です。

ライバルの中には、「何度も解き直す」派も存在します。

似たような問題が出たときに、「差をつけられない」ために。

〇〇大模試は、解き直しても、コスパは高いと思いますよ。

 

友達と話し合うのもオススメ

 

模試が終わった後に、「あの問題はXXだった」と言い合ってるグループがありますよね?

模試が終わった後に、問題について楽しそうに話し合う人は、合格を勝ち取る印象です。

逆に、そんな集団を見て、「ガリ勉わろたw」と斜に構えている人はダメです。高確率で落ちます。

 

模試が終わったら、友達と「あーだ、こーだ」言い合ってください。

「勉強」と思わず、楽しくおしゃべりする感覚でOKです。

 

友達と話し合った内容って、かなり記憶に残ります。

またモチベーションは、周りの友人にかなり影響を受けます。(勉強に限らず)

勉強について話し合える友人を持つことは、「模試の復習」に限らず、大切なことですよ。

 

まとめ:模試の復習は、できる範囲で

 

  • キレイにノートをまとめて
  • 何冊もノートを使い分けて
  • 繰り返し解き直す

たしかに、それが理想です。

 

でも、「キレイごと」でもあります。

現実には、時間も労力も、限られています。

 

限りある時間という資源を、どこに投下するか?が大切。

  • 問題集の解き直し
  • 過去問の研究
  • 部活動(長い目で見れば、勉強と同じくらい大切かも)

やることは、「たくさん」あります。

やるべきことは、模試の復習だけでは、無いですよね。

 

学校の先生は、「模試の復習が大切だ!!」と口をそろえて言いますが。

あまり考えて発言していないようにも、見えます。

「問題集をキチンと復習する方が、大切じゃない?」というのも、自然な反応でしょう。

それも間違っていないと、思います。

 

冒頭でも言ったように、模試を受ける目的は、3つあると思います。

  • 受験生の中の、自分の相対的な位置が分かる
  • 本番形式への「慣れ」
  • 自分の弱点を知る

 

皆さんも、この記事を参考にして、「何のために模試を受けるのか?」を自分なりに考察してください。

そして「目的に沿った」復習をしてください。

 

少し現実的になって、「できる範囲で」復習するのがオススメです。

 

完璧に復習しようと、ハードルを上げる。

そして結局やらないパターン。

これが1番ダメです。

 

せっかく半日かけて、問題を解いたんです。

「やりっぱなし」はもったいないよね^^

 

「模試は、何度も解き直すべき!」って出来杉君ばかり目につきますが。

「めんどくせぇ」って感じるのが、普通の人の感覚。

それでいいんです。

 

100点の復習を目指してやらないより、60点の復習でいいからやる。

本記事で、僕が伝えたかったことです。

 

↓この記事が気に入っていただけたなら、ぜひSNS等でシェアしてください。