参考書・勉強法

【注意】難しすぎる?【新・物理入門 & 問題演習】のレベルと使い方は?

[ad01]

 

偏差値65以上の大学に通う僕が、『新・物理入門』をレビューします。

一部の受験生から、強烈に支持される一方。「難しすぎる」「要らない」と批判もされる、賛否両論わかれる参考書です。

 

「入門書」ではないので、注意してください。

※タイトル詐欺です。

  • 始めて物理を学ぶ人
  • 数Ⅲを習っていない人
  • 物理が苦手な人

には、全くオススメしません。

上記に当てはまる人は、まず『物理のエッセンス』から始めることをオススメします。

>> 薄いけど大丈夫?【物理のエッセンス】のレベルと使い方は?

 

とはいえ「正しく」使えば、強い味方になるのは間違いない。

僕は東大「不」合格者です。失敗したからこそ分かる、「効率的な」使い方を、お教えします。

湯川あやと
湯川あやと
あの頃に戻れたら。僕は『新・物理入門』をこう使います。

 

『新・物理入門』の魅力について

提供者:Public Domain Pictures

 

自然という書物は、数学の言葉で書かれている」とガリレオは言いました。いや、「自然を数学で表現した」が正しいかもしれません。

自然科学と数学は、切っても切れない関係にあります。

 

しかし、高校の物理は、数学とは切り離されているのです。

「数学による理解は、レベルが高すぎる」と文部科学省は判断しているのです。

参考:文部科学省の「指導要領」

 

そこで高校生むけの物理の参考書は、「イメージ」や「直観」による理解にとどまっています。

「なんとなく」理解しているだけで、根本的に理解しているわけでは無いのです。

この記事にたどり着いた鋭いあなたは、薄々、気付いているでしょう。

高校の物理に、どこか「モヤモヤ」を抱えているのでは?

 

高校物理では、

  1. 公式を覚える
  2. それを当てはめる

に終始しています。「公式の当てはめ」という「作業」になりがちです。

でも入試では、「差」をつけなければいけません。大学は、本当に分かっているのかを、試したいのです。

そこで難しい問題では、「理解」してなければキツくなります。

 

以下の質問に、答えられますか?

答えられないなら、それが「モヤモヤ」の原因です。根本的には、理解していないのです。

↓は数学を使えば、証明が可能です。

 

・運動量保存・エネルギー保存が、なぜ成り立つのか?

・2体問題について。重心の運動と、重心から見た個々の物体の運動に、分解できることを知っているか?

・単振動について。なぜsinカーブを描くのか?

・ドップラー効果の公式を、証明できるか?

・たくさんある「波の干渉」の公式。計算から導けるか?

・交流について。π/2の位相のズレを、証明できるか?そもそも「位相のズレ」の意味を、理解しているか?

 

『新・物理入門』を使えば、↑のことが理解できます。

 

「公式・解法を覚えて、当てはめる」レベルから、1歩進んだ理解。

今まで何をやっていたのか、ハッと気付けます。

「イメージではなく、数式から」、「現象」を理解できます。

 

以上が『新・物理入門』の魅力です。

湯川あやと
湯川あやと
周りと「差」をつけたい人に、オススメ。

苑田先生の、ハイレベル物理との関係性

同じように、「数式による理解」をさせる先生として、東進ハイスクールの苑田先生の授業が有名です。

僕も、苑田さんの授業を受けていました。

 

が、正直かなり難しく、完全には理解できませんでした。

相当レベルは高いです。

東大理Ⅲに受かった友人が、「難しすぎる」「必要ない」と言っていました。それくらいレベルは高いのです。

 

『新・物理入門』も教え方は近いですが、苑田さんの授業より簡単です。

レベルは「(苑田さんの)ハイレベル物理 > 『新・物理入門』」です。

 

湯川あやと
湯川あやと
『新・物理入門』は、平均的なな受験生でも「とっつきやすい」ですよ!

 

デメリット:労力がかかる割に・・

提供者:JÉSHOOTS

 

物理だけでなく、数学も英語も、化学だって大事です。入試は物理だけでないことを、忘れないでください。

 

数学Ⅲが必要である

 

「大学レベルの数学」は必要ありません。数Ⅲができれば、理解できます。

あくまで高校生用なので、安心してください。

微分方程式がでますが、難しくありません。

※今の数Ⅲ課程では、微分方程式は「参考扱い」になっています。

 

ただそれでも、数Ⅲが必要なのは厳しいです。

もし高3から数Ⅲを学ぶなら。数Ⅲを勉強 ⇒ 『新・物理入門』という流れになります。

高3なら、夏休みから過去問を解き始めます・・ どう考えても、時間が足りません。

 

とはいえ、難関大の受験生なら、高2までに数Ⅲを終わらせている人も多いでしょう。であれば、問題ありません。

でも高3から、数Ⅲを勉強する予定なら。『新・物理入門』はあきらめてくださいね。

 

代わりに、↓記事を参考にしてください。『新・物理入門』を含めて、3つのルートを提案しています。

【まとめ】物理を得意科目にしたい人にオススメする参考書&問題集ルート 偏差値65以上の大学に通う僕が、自信を持ってオススメする問題集&参考書をご紹介します。 高校生のころ、物理は得意科...

 

100%の理解は、不可能である。

2つ、例を挙げますね。

  • なぜ屈折率の違う物質の境界、「位相がズレる」のか?

たしか高校生では、理解できなかったはずです。『新・物理入門』を読んでも、直観による理解にとどまります。

 

  • 電磁気も完全には、数式による理解はできない

基本原理は「マクスウェル方程式」にあるようで。これは大学生でも、理解できない人が大半だとか。

高校生にはとうてい、手が出せません。

 

他にもたくさんあります。

『新・物理入門』はあくまで、高校数学を使うので。解説には限界があります。

 

でも、「100%分からない」のは仕方ないことです。

だって大学に行ってからも、物理を勉強するのですから。

100%理解できるのなら、大学で勉強することは無くなります。

ある程度、「天下り」的なのは仕方ありません。

 

数学だって、そうでしょう?

たとえば積分。細っそい長方形を∞に足し合わせたら、求める面積に限りなく近づく・・と習いましたね。

でも長方形と、曲線との間にできる、微妙なスキマ。あの誤差だって、無限に足し合わされれるわけです。

微小項を∞に足し合わせても、0に収束するとは限りません。その証明は、大学レベルです。

実は「積分」だって、天下り的です。完全には理解していないのです。

 

けっきょく、「公式の当てはめ」になる

 

たとえば、天体の分野です。

面積速度=一定・・ なぜ2次曲線を描くのか・・

数式から理解したところで、結局やることは一緒です。

 

「剛体のつりあり」も同じです。高校生が習うのは、「つりあい」だけです。回転の運動方程式は、入試では出題されません。

理解したところで、解答に書くべき「数式」は、一緒です。

「微積を用いた、カッコ良い解答が書けるようになる!」と期待すると、後でガッカリします。

公式に当てはめて、解くことは変わりません。

 

『新・物理入門』の恩恵が大きい分野と、そうでない分野があるのです。

恩恵が少ないのは、「剛体のつりあい」やケプラー問題。あとは「熱力学」もですね。

熱力学は一部、強烈に解き方が変わる問題もありますが、そう出会いません。

 

『新・物理入門』は、副読書として使うのがベスト

提供者:Pixabay

 

湯川あやと
湯川あやと
コスパを考えると、「読み物」として、気軽に読む使い方がオススメです。

 

オススメは、

  • 2物体の問題
  • 波の干渉
  • 電磁誘導

あたりを読んでおくと、「恩恵が大きいかな?」と思います。

 

  1. 基礎は『物理のエッセンス』などで、固めておく。
  2. そして「モヤモヤ」が残る部分だけ、『新・物理入門』を参照する

この勉強法が、効率が良いです。

 

ここで注意してほしのが、「自分を責めない」こと。

「難しすぎる」と思えば、別に理解できなくても構いません。

周りの受験生も、理解していないのですから。学受験は、競争です。周りに勝てば、受かります。

この参考書を持っている時点で、あなたのレベルは高い。

だから完全には分からなくても、問題ありません。

 

ガッツリ使いたいなら:『新・物理入門問題演習

いや、自分はそれでも、『新・物理入門』を完璧にしたいのだ、という猛者もいるでしょう。

そういった方は、『新・物理入門問題演習 』も、同時に購入してください。

『新・物理入門』に対応する問題集です。並行して問題を解いていく使い方が、オススメです。

 

問題集としては、さほど難しくありません。

『名問の森』より、はるかに簡単です。『重要問題集』より、簡単かもです。

 

なので、『新・物理入門問題演習』を終えたら、『名問の森』に進むことをオススメします。

もし時間がなければ、いきなり過去問でもいいです。

 

『新・物理入門』を使うか、よく考えて!

提供者:Ylanite Koppens

 

  1. 新・物理入門には、手を出さない
  2. 副読書として使う
  3. ガッツリ使う

の3つの選択肢が、考えられます。

 

ここまで読んで、「使うべきか、決めきれない」人も多いでしょう。

そこで方針を示します

 

※冒頭でも書きましたが、物理が苦手な人は、迷わず「①使わない」ですよ。

※評判・口コミが知りたい方は、こちらをどうぞ。
みんなの感想(読書メーター) >> 『新・物理入門』

 

こんな人は、買ってほしい

 

まず、難関大受験生は、持っておいて損はないです

1冊 1,000円ちょっとで、参考書の中でも安い部類に入ります。しかも1単元を読むだけでも、効果が高いタイプの参考書。

買わない手は、ありません。

 

また理工系に進む人も、買ってください

大学では、『新・物理入門』よりも難しいことを、習います。

 

そこで、挫折する生徒も多いのだとか。高校生は、イメージと直観による理解。大学生は、数学による理解。

両者のギャップが大きすぎるんですね。とくに「物理は得意だけど、数学は苦手」な人は、大学に行ってから苦労するでしょう。

 

『新・物理入門』を見て、「うわっ・・ キモ・・」と引いてしまった人は、進路を考え直しても良いかもしれません。

 

湯川あやと
湯川あやと
難関大を目指す人、理工系の大学を目指す人は、手元におくべき。

言い換えれば、上記に当てはまらない人は、買わない方がよいです。

こちらの記事も、参考にしてください。

【まとめ】物理を得意科目にしたい人にオススメする参考書&問題集ルート 偏差値65以上の大学に通う僕が、自信を持ってオススメする問題集&参考書をご紹介します。 高校生のころ、物理は得意科...

 

とりあえず、副読書にしておく?

東大「不」合格者の視点からいえば、「副読本」にしておくのが無難だと思います。

受験では、「問題を解いた」人が、合格します。「数式から理解している人」ではなく、「問題を解いた人」が受かるのです。

『新・物理入門』に大きな時間を割くよりも、問題演習を繰り返した方が、効率は良いです。

 

『新・物理入門』はインプット用の本です。

ある実験によると、「インプット:アウトプット=3:7」である生徒の成績が、最も良かったそうです。

 

でも『新・物理入門』をガッツリやると、

理解に大きく時間をとられ、アウトプット(演習)に回す時間が少なくなります。

湯川あやと
湯川あやと
インプット過多になる可能性が高い!

 

Amazon >>新・物理入門 (駿台受験シリーズ)

東大医学部に受かった友人も、この本を「副読本」として使ていました。

東大医学部に合格するような強者でも、この本をガッツリ使わないのです。

僕ら「フツーの人」は、副読書にしておくのが無難です。

 

こちらの記事もおすすめ