参考書・勉強法

名問の森(×名門の森)のレベルと使い方は?東大も狙える?問題数は?

 

読者
読者
『名問の森』って人気の問題集だよね。友達が「難しい」と言ってたけど、僕でも使えるかな・・?使うとしたら、いつから使うべき?
湯川あやと
湯川あやと
この記事では、そんな疑問に答えます!『名問の森』は、確かにレベルは高い。でも質も高い。チャレンジする価値がある問題集です!

 


この記事を読めば、以下のことが分かります。

  • 『名問の森』の難易度・対象者レベル
  • 『名問の森』の使い方・勉強法
  • 『重要問題集』との比較

 

あなたが『名問の森』を使うべきかどうか、そして「どう使うべきか」が分かります。

 

『名問の森』の到達レベル:~東大

提供者:MaLeK DriDi

 

巷にある問題集の中では、トップレベルに難しいです。

これより難しい問題集としては、「難系」があります。

「難系」は東大医学部の友人が、「難しすぎる」と言っているくらいなので、普通の人は辞めておいたほうがいい。

 

それに対し、『名問の森』は多くの難関大受験生に大人気の本です。

「趣味レベル」ではなく、「実際に出題されるレベル」の、手応えのある難易度です。

 

【旧帝大・一橋・東工大】などの難関国公立や、【早慶上智】などの難関私立が対象となります。

東大・京大も目指せます。あとは医学部志望ですね。

『名問の森』は難しい、と言いましたが、これらの大学では「標準問題レベル」です。

 

湯川あやと
湯川あやと
東大もいけます。多くの東大志望者も、『名問の森』で勉強しています。

 

逆に中堅大学を志望する人は、購入を控えた方がよい。

MARCH志望を対象者に含めているサイトもありましたが・・ 大嘘です。

絶対に買わないでください。

MARCH・中堅国公立なら、『良問の風』がちょうど良いです。

 

また、すでに1度は物理を勉強している人が、対象です。(あくまで「問題集」です)

基本問題は、解けることが前提となっています。

 

ここまで読んで、「まだ名問の森は、厳しいかも・・」と思った人は、

まず『物理のエッセンス』と『良問の風』で勉強することを進めます。

2つの参考書については、↓記事で解説しています。

薄いけど大丈夫?【物理のエッセンス】のレベルと使い方は? この記事を読めば、あなたが『物理のエッセンス』を使うべきか分かります。 結論からい...

 

『名問の森』の特徴

提供者:Frans Van Heerden

 

名問ぞろい。このまま入試で出る

 

「名問」だけを集めています。

解いて意味のある問題、大きな学びを得られる問題ばかりです。

【名問】の【森】とはよく言ったもの。タイトル通りの本といえます。

 

入試では、『名問の森』のまま出ます。

面白いほど、そのまま出題されますよ。

『名問の森』さえやっとけば、難関大の「標準問題」はすべて、「見たことのある問題」となります(笑)

この参考書のスゴさが分かるでしょう。

 

ちなみに「名門の森」は間違いです。【名門の森】ではなく、【名問の森】です。

記事のタイトルに「名門の森」を使っている場合、執筆者がほんとうは使用していない可能性も高いので、注意してください。

 

丁寧な解説&エッセンスへの参照

「分かりやすい」と、子供っぽい説明しか出来ないのが、残念ですが・・

これは使ってもらうのが早い。ぜひ丁寧な解説に、感動してください。

図解が多く、イメージがしやすい。

また「○○の公式より」と、(クドいほど)必ず書かれています。そのため迷子になる事が、ありません。

湯川あやと
湯川あやと
巷にある問題集の中では、1番わかりやすいです。

 

また、『物理のエッセンス』への参照があります。

(→p.○○)といった具合に、ページ数まで書かれています。

『物理のエッセンス』で勉強してた人も、多いでしょう。嬉しい仕様ですね。

※基本事項はできる限り、『名問の森』の解説の中で、説明されています。エッセンスを敢えて買う必要はありません。

 

『重要問題集』と比較する

読者
読者
『重要問題集』も気になってるんだけど・・ どっちがオススメ?
湯川あやと
湯川あやと
結論からいえば、『名問の森』が圧倒的にオススメです。

よく引き合いに出されるのが『重要問題集』。

レベル・対象者・知名度、どれも似ています。

2つを比較してみましょう。

※『重要問題集』は、毎年改定されます。買うのであれば、必ず最新版にしてください。また以下、「重問」と略します。

 

『重要問題集』の特徴

  1. 学校で配られることが多い
  2. 文字が「異常に」小さい
  3. 解説がアッサリしている

 

数研が出版しているから? なぜか高校では、よく配布されます。

解説は「雑というほどでもない」ですが、アッサリしている印象です。『名問の森』が最高に分かりやすいだけで、雑ではないです。

ただ「文字が小さい」。こんな小さな文字、始めてみましたよ(笑)

見ただけで嫌気がさす人も、多いかと思います。(化学の重問より、ずっと小さかったと思います。)

読者のことを考えていない、印象を受けますね。

 

レベル・問題数・クオリティ

 

レベルでいうと・・

名問の森 > 重要問題集 です。

中堅国公立・MARCH志望生でも、『重要問題集』なら手がだせるレベル。

ただし、かなり難しい方です。中堅大の志望生には、重問はちょっと厳しいかも。

ただ重問の中でも、レベル分けがされています。(A問題・B問題・<必解>など。)工夫すれば、使えます。

※とはいえ、中堅大なら『良問の風』がベターかと思います。

 

問題数でいうと・・

名問の森 =< 重要問題集

重問は毎年改定されるので、正確な問題数はいえません。

だいたいで言うと、名問の森(140)で、重問(160)

あまり変わりません。

 

クオリティでいうと・・

名問の森 >> 重要問題集

問題数はさほど違いませんが、名問の森は2冊に分かれています。その分、解説はずっと詳しく・分かりやすくなっています。

解説の質だけでなく、問題の質も、名問の森の方がずっと上です。

 

湯川あやと
湯川あやと
『名問の森』の問題は、とても厳選されています。

 

繰り返しますが、入試では、このまま出題されます。

 

重要問題集と、どっちがオススメ?

 

『名問の森』は、よく『重要問題集』と比較されます。

1番の違いは、問題のクオリティです。

『名問の森』の方が、圧倒的にクオリティが高いと思います。

 

僕自身は、始めは重問をやっていましたが、10~20問くらいで『名問の森』に乗り換えました。

解説が分かりにくいし、問題の選定にも、疑問があったからです。

結果は、大正解でした。『名問の森』の方が、あらゆる点で優れていると思います。

 

問題集で大切なのは、クオリティです。

『名問の森』は、感心するほど、よく厳選されています。

それに対し、「重問」は「なんとなく、選んだ」感じが否めません。

 

忙しい受験生。

無駄は極限まで、省くべきです。

得点に直結する問題だけ、やりましょう。

『名問の森』+過去問が、1番効率がよいですよ。

 

Amazon >> 名問の森物理 力学・熱・波動1 (河合塾シリーズ)

Amazon >> 名問の森物理 波動2・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

 

湯川あやと
湯川あやと
『名問の森』が、断トツでオススメ

 

また『名問の森』は『物理のエッセンス』と同じ著者であり、解説中に「エッセンスへの参照があります。

エッセンスとの親和性が高いのです。

エッセンスで勉強した人は、『名問の森』一択です。

 

『名問の森』の使い方&勉強法

提供者:Pixabay

 

いつから始めるべき?

 

難関大・医学部を目指すなら、できれば高2が良いです。

僕の高校でも、早い人は高校2年生から始めていました。

高3は過去問をやるので、問題集は早めに終わらせた方が良いです。

 

最低限やるべき問題については、目次の番号が色付けされています。量は、全体の半分くらいです。

高校2年生・時間がない高校3年生は、最低限の問題だけ、やれば良いです。

 

難関大・医学部を志望するなら、「最終的には」すべての問題をやった方がいい。

でも「中途半端になるリスク」を考えれば、まずは色付けされている問題だけを、やりましょう

※時間配分にも気をつけてください。英語や数学との兼ね合いで考えましょう。

 

また、小問ごとに「(1)★★ (2)★」のようにレベル分けされています。

また、解説の後に「Q」でハイレベル問題が、加えられていることも。

「黒星★★」や、「解説の後のQ」はかなり難しいので、やらなくてもOKです。

入試では、難しい問題は、たいてい最後に来る or 飛ばしても問題ない構成になっています。

解けなくとも、入試に通ります。

 

ただし、「背伸びしすぎ」には注意

高2から始めるべき、と言いましたが、レベルは相当高い人に限られます。

旧帝大以上を、志望している高2のみです。

それ以外の人は、高2では『良問の風』をやりましょう。

 

じっくり考える ⇒ 「本当に分かっているか?」自問

1周目は、じっくり考えましょう。

分からなくても、10分くらいは頑張って考えるのが大切です。スグに答えを見ていては、思考力がみにつきません。ある程度考えなければ、「何が分かっていないのか」も分かりません。

 

最終的には、「パッと解法が思いつく」ことが理想です。

でも「解法を暗記する」のではなく、「理解する」姿勢でいましょう。でないと難関大の問題には、歯が立ちません。

 

そして解説を、じっくり読み込んでください。

「行間を読む」感覚です。

 

解説を読むと、どうしても「分かった気」にはなります。

そこで安心せず、「本当に分かっているか?」と自問してください。

 

もう1度、自力で解けるか?」と考えましょう。「自力では厳しそう」なら、それは分かっていない可能性があります。

数式を追うだけでなく、裏側にある「発想」や「着眼点」に目を向けるのです。

それを理解して初めて、自力で解けるようになります。

 

湯川あやと
湯川あやと
このレベルの問題集は、「解説を見て、納得する」で終わってはいけません。

 

3回は復習する

 

間違えた問題だけでも良いので、3回は繰り返しましょう。

物理に限った話ではありませんが、「間違えた問題は、もう1度解き直す」姿勢が大切。

3回目でも間違えたら、4回目も解きましょう。4回目も間違えたら、5回目も解きます。

数を重ねるごとに間違えた問題は減っていくので、どんどん楽になっていきます。

 

とはいえ難しい問題なので、最初は「間違いばかり」です。

ほとんどの問題は、2回以上解くことになるでしょう。

 

難しくてもへこまない

 

最高レベルに難しい、問題集です。

「難関大・医学部の志望者は、高2から始めよ」とは言いましたが。

最初は「間違いばかり」だと思います。

 

そこでモチベーションを落とさないように、気を付けてください。

「この問題集に手を出せる」時点で、あなたのレベルは相当に高いのです。

「自分はダメだ・・」と思わないでほしいです。

湯川あやと
湯川あやと
難しいけど、「名問ばかり」の問題集!

 

まとめ:『名問の森』の評価は★9

 

『名問の森』の評価は、★9/10とします。

 

湯川あやと
湯川あやと
物理の問題集の中で、1番よく出来た問題集です!

 

★を1つ減らした理由は、2冊に分かれていること。

そしてなぜか、波動が2冊にまたがっていることです。分割のセンスが無いので、★1つ減らします(笑)

最後に、『名問の森』の特徴を、表にまとめておきます。

著者 浜島 清利 さん。『物理のエッセンス』&『良問の風』と同じ著者。
出版社 大手予備校「河合塾」
レベル・対象者 巷の参考書の中では、トップレベルに難しい。対象は、難関大学・医学部を志望する人。MARCH以下は、『良問の風』が無難。
いつから? ↑の対象者なら、高2からがベター。
特徴① 名問ぞろい。入試では、このまま出題される。
特徴② 解説がトップレベルに分かりやすい
特徴③ 『物理のエッセンス』との相性が良い
使い方① 1.できれば高2から始めるのが理想。
2 . まずは「目次で色付けされている」問題から始める。これをやるだけでも、効果は十分に高い。
使い方② 1.じっくり考える。2.解説を理解する(「なんとなく分かった」ではダメ)
使い方③ 何度もくりかえす。1周では身に付かない。
注意点 難しくても、へこまない。自分を責めない。この問題集をやっている時点で、あなたはスゴイです。

Amazon >> 名問の森物理 力学・熱・波動1 (河合塾シリーズ)

Amazon >> 名問の森物理 波動2・電磁気・原子 (河合塾シリーズ)

 

こちらの記事も参考にしてください。

【まとめ】物理を得意科目にしたい人にオススメする参考書&問題集ルート 偏差値65以上の大学に通う僕が、自信を持ってオススメする問題集&参考書をご紹介します。 高校生のころ、物理は得意科...