参考書・勉強法

【化学】独学におすすめ参考書&問題集ルートと、勉強法の注意点

 

「化学」という科目の特徴と勉強法

 

報われやすい科目

 

好き嫌いはあるでしょう。

でもちゃんと勉強すれば、誰でも平均以上には届く科目です。

理由としては、理論と暗記のバランスが良いことにあります。

「暗記は得意だけど、計算が苦手・・」という人でも、無機・有機は得点源にできるはず。

 

また小問に細かく分かれることもあり、部分点も取りやすい。

そのため、得点が安定します。

勉強して損は無い、報われやすい科目です。

食わず嫌いをせず、ぜひ頑張ってください。

 

勉強法の注意

 

初学者に注意してほしいのが、「理論・無機・有機」で雰囲気がガラッと変わること。

理論は計算力、無機は暗記力、有機はパズルゲーム、といった感覚を持っておくと良いでしょう。

 

僕の経験を話すと、無機で挫折しました。

理由は、勉強法が分からなかったことです。

「理論 ⇒ 無機」で、雰囲気が変わります。

一気に「暗記」色が強くなるので、戸惑ったのです。

その急激な変化に、ついていけませんでした・・

 

とはいえ、それほど身構える必要もありません。

「問われる能力が、異なる」ことを前もって知っておけば、対応可能だと思います。

 

学習する順番

 

理論 ⇒ 無機(基礎のみ) ⇒ 有機 ⇒ 無機(細かい部分)

 

独学するならば、この順番がオススメです。

無機の細かいところは、直前に詰め込めばOKです。

 

実は無機の細かい部分は、国公立ではあまり問われません。(大学によります)

無機の問題のように見えても、実は半分くらいは理論との融合だったりします。

単なる暗記能力を、大学側は求めていないからでしょう。

 

また有機もよく問われます。

「パズルゲーム」という性質上、学生の「基本的能力」をみるのに、都合が良いからだと思われます。

有機も、理論とよく混ざって出題されます。

やはり、理論はすべての基礎だといえますね。

 

以上より、力を入れるべきは「理論 >= 有機 > 無機」となります。

もちろん大学によって大きく異なるので、過去問の分析は必須ですよ。

 

参考書&問題集ルート

 

インプット用の参考書

僕は使用していません。

ただ著者である鎌田先生の授業を、東進ハイスクールで受けていましたので、強くオススメしておきます。

友人が持っているのを見たところ、大きくは違わないようです。

 

鎌田先生の、授業の特徴はこのようになります。

・丸暗記にならない

・納得しながら前に進むことができる

 

「とりあえず暗記」となりがちな化学です。

しかし丸暗記では、難しい問題に対処できません。

初学者のうちから、「納得しながら勉強しているか」が、後になって大きな差となります。(化学にかぎった話ではありませんが)

 

初学者の方は、学校の授業と並行して使っても良いでしょう。

本当の初学者の方は、↓の問題集もオススメです。

少し簡単すぎるくらいなので、初学者にはちょうど良いでしょう。

著者は同じく、鎌田先生です。

 

重要問題集 : 定番の問題集

 

まずはコレをしっかりやりましょう。

学校が配布することも多いかと思います。それだけ広く、支持されている問題集です。

毎年、改訂版が出るので、最新版を買ってくださいね。

(毎年改定されるほど、需要があるってことですよ。)

 

皆がやっている問題集です。

ということは、コレさえやり込めば、平均点はとれるのです。

受験で大事なのは、普通の問題を、確実に得点すること。

化学が苦手な方は、コレ1冊やり込むだけでも十分だと思います。

 

名前の通り、”重要問題”ばかりが揃っています。

ただし無機の一部では、少しマニアックな知識も問われています。

1周目は飛ばしても良いでしょう。

 

標準問題精巧 : 厳選された良問ぞろい

超!!厳選されてる、良問ぞろいです。

またしても、著者は鎌田先生。

レベルは少し高め。旧帝大レベルです。

 

解説が「問題集の中で1番」といっていいほど充実していて、分かりやすいです。

難しいですが、理解には困らないでしょう。

問題・解説編に分かれていて、切り離すことができますが、解説編の方がずっと分厚いほどです。

 

問題数は100問程度と、少な目です。

そのためコレ1冊だけでは、心もとない。

レベルも高いですし、先に『重要問題集』を終わらせた方が無難です。

 

ただ超良問ばかりなので、ぜひチャレンジしてもらいたいです。

僕は3周しました。

ここまで来た人は、基礎は出来ている人です。「3周」といっても、さほど苦にはならないはず。

 

最後に:あれこれ手を出さない

 

時間は限られています。

上記で紹介したくらいの分量が、限界かと思います。

あれこれ手を出しても、実力はつきません。中途半端になるだけです。

まずは1冊仕上げることに、注力してください。

 

ちなみに、『新演習』はオススメしません。

東大理Ⅲに受かった友人でも、「難しすぎる」と言っていました・・

 

【センス不要】理系の数学におすすめの勉強法&参考書ルート【大学受験】 今日も勉強、お疲れ様です。 さっそくですが、皆さんは数学に自信がありますか? 数学は理系の人でも、不安を抱き...