参考書・勉強法

薄いけど大丈夫?【物理のエッセンス】のレベルと使い方は?

[ad01]

 

読者
読者
物理のエッセンス、冊子が「薄い」けど大丈夫? ちゃんと効果があるの?
湯川あやと
湯川あやと
大丈夫!大事な事は、キチンと網羅されている。入門者にオススメの参考書です。

 

 

この記事を読めば、あなたが『物理のエッセンス』を使うべきか分かります。

結論からいえば、以下のような人にオススメです。

  • 物理の入門者
  • 学校の授業を聞いたけど、よく理解できない人
  • 公式は知っているけど、問題が解けない人

※センター試験で9割を超えるレベルなら、オススメしません。

 

王道の参考書なので、評価少し辛口にして★7.5とします。

不合格ではありましたが、東大を受験しています。物理は得意科目でした。信憑性は高いと、自負しております。

 

物理のエッセンスの「特徴」

提供者:istvangyal

 

レベルは?

 

一言でいえば、「教科書より分かりやすい」超入門書です。

物理のエッセンスより分かりやすい参考書は、ありません。学校・予備校の授業と比べても、かなり分かりやすい部類です。

「力学・波」と「電磁気・熱・原子」の2冊に分かれています。大手予備校である「河合塾」から2013年に出版されていて、多くの受験生から愛され続けてきました。

ただ分かりやすいだけでは、ありません。「実践的」です。

 

学校の授業では、ただ「知識を教える」という感じが強いですが、物理のエッセンスでは、「解き方」を教えてくれます。実践重視と、言えるでしょう。

 

ぶっちゃけ、「物理をキチンと理解しようと思うと、大学レベルの数学が必要」です。「いや、自分はちゃんと理解している」という人は、理解していない可能性の方が、高いです。

 

真の理解は、高校生はあきらめましょう。(とくに電磁気。)いくら時間があっても、足りません。

高校生は、「なんとなく、イメージ」で、意味が分かっていれば十分です。

 

物理のエッセンスは、そのあたりの事情を踏まえた、「実践的な入門書」といえます。

 

物理のエッセンスは、導入がとても分かりやすい。最初に解法・全体像を示してくれます。

物理は最初のハードルが高い、と言われますが、それは学校の授業が、「ただ知識を伝える」ことで落ち着いているから。

その知識が、どう問題につながるのか、分かりにくいんですね。

 

一方、物理のエッセンスは早い段階で、「解き方のステップ」を、「1、2、3、」のように箇条書きで示します。

イラストも多いですから、身近な現象を、しっかり理解することができます。

 

高校生は、「問題が解けること」がゴールですから。理にかなった教え方だと、思いますよ。

解法も、とても簡潔です。少し使っていれば、すぐに理解できるでしょう。

 

物理で多いのが、「どの公式を使えばいいのか?」と悩む人。

でも『物理のエッセンス』なら、その心配は必要ありません。「1、2、3、」とステップが示されていますから、それに従うだけです。

買ってスグに効果が、表れるでしょう。

 

必要最低限

 

本屋さんで見ると、「薄すぎて大丈夫か・・?」と不安になるかもしれません。

でも心配無用。必要なことは、一通り抑えています。

無駄をそぎ落としているため、「薄く」なっています。

湯川あやと
湯川あやと
『物理のエッセンス』だけで、インプットは完了です。後は演習だけでOK

 

分かりやすいだけでなく、「薄い」のは有難いです。

初心者は、「うわっ・・ まだこんなに残ってる・・」と感じることが、モチベーションを下げます。

逆に、「覚えることは、これだけ。」と思えることが、モチベーションに繋がります。

実際に『物理のエッセンス』だけで、インプットは十分です。

 

物理のエッセンスは、こんな人にオススメ

提供者:Vivek

 

物理のエッセンスは、人を選ばない参考書です。

特に「入門者」にオススメです。

 

また「教科書より分かりやすい」ので、独学で先取り学習したい方にも、オススメです。

 

以下のような方に、とくにオススメできます。

  • 公式は知っているけど、問題が解けない人
  • 何をやっているのか、よく分からない人

 

Amazon >>『物理のエッセンス

 

公式の使い方が、分からない人

僕の友達にも、

「運動方程式・運動量保存・エネルギー保存の使い分けが、分からない」という人がいました。

上級者ならば、運動量もエネルギーも、運動方程式から導かれる・・ と知っています。

なにも特殊な式ではなく、状況に応じて使い分ければいいだけ。

 

でも初学者には、それが難しいんでしょうね。

「どういう時に、何の公式を使えばいいのか」迷子になるのだと思います。

 

物理のエッセンスは、解法のステップが、「箇条書き」で示されています。

何度もこのステップに従っているうちに、「どんな公式を使えばいいのか」悩むことは無くなります。

 

何をやっているのか、分からない人

読者
読者
『物理のエッセンス』が、解法のステップを教えてくれるのは分かった。じゃあ、後はただ当てはめればいいだけか。
湯川あやと
湯川あやと
それだと難しい問題には、太刀打ちできないよ。

 

もう1つ、物理でよくある悩みが、「何をやっているか、分からない」です。

公式を当てはめていれば、簡単な問題は解ける。

でもそれでは、少し問題が難しくなると、手が付けられないのです。

 

現実に起こっている現象と問題とが、結びついていないことに、原因があります。

とくに電磁気で起こりやすい。電場・磁場という、目に見えないものを扱うからです。

 

でも『物理のエッセンス』なら、現象がしっかり理解できます。

一般的な常識や、身近な例を、導入部分で示してくれるからです。

とっつきにくい物理が、身近なモノに感じられるでしょう。

湯川あやと
湯川あやと
入門者にピッタリの本です。

 

物理のエッセンスの構成&勉強法

 

エッセンスは、だいたい↓の流れです。勉強法は、この流れに従えばOKです。

  1. 現象の理解
  2. 問題の解法
  3. 例題 & 解説
  4. 補足・練習問題

 

問題を解くのに必要な基本事項を、教えてくれます。教科書の役割ですね。図・イラストがふんだんに使われています。

イメージによる感覚的な理解はもちろん、理屈から納得もさせてくれます。

 

次に、「問題の解法」を教えてくれます。これが「エッセンス」のメリットです。

基本事項を学んでスグに、「解法のステップ」を学ぶので、問題演習へとスムーズに移行できます

 

さっそく例題です。最初は分からなくても良いので、②を見ながら、5分は考えてみましょう。

 

後述しますが、演習問題はとばしてOKです。ただし補足事項は、読んでおきましょう。「Miss, Q&A, 知っておくとトク, ちょっと一言, High」など、記号で注意すべきことが分かりやすくなっています。

「知っておくとトク」や「High」は、いきなり頭に入れるのは難しいかもしれません。でも、後々に重要になってくるので、目は通してください。

別の問題集を行うときに、エッセンスをパラパラとめくる事が、あると思います。その際に、「あっ・・ そういう事だったのか」と、ハッとする瞬間がやってきます。

その時のために、1度は読んで、頭の片隅に入れてください。

 

「Miss」や「Q&A」は、勘違いしやすいポイントを示してくれます。「自分が思い違いをしていないか」疑いながら、読んでください。

 

物理のエッセンスの使い方

提供者:Skitterphoto

 

『物理のエッセンス』の使い方を、解説していきます。

 

※基本的には・・

  1. 解法を理解する
  2. 例題を解く
  3. 解説を読む

という流れで、「前から、順番に読んでいく」のでOKです。

ただし演習問題は、飛ばしても良いと思います(後述)

 

①~③を解説しても、「しっかり読もう!」くらいしか言うことが無いので。

ここでは、注意点を4つほど、記します。

 

単元ごとに、復習する!

『エッセンス』自体を1周してから、さてもう1周・・

これでは、最初の部分はすべて忘れています。

 

電磁気をやるころには、波・熱の大部分を、完全に忘れていることでしょう。

それでは効率が悪いです。1単元ごとくらいで、復習をしましょう。

 

「勉強自体に不安がある・・」って人は、こちらの記事で紹介している、『超効率勉強法』をご覧ください。復習の仕方が、書いてあります。

「勉強法 おすすめ」とググる暇があるなら、この本1冊だけを読んで! 「勉強法 おすすめ」とググったあなたへ。 「勉強法...

物理に限らず、あらゆる教科の勉強に使える。

いや、「大人になってからの資格勉強」にまで利用できる、生涯にわたって役に立つ「神書」です。

 

公式の導出を再現・・?

「公式の導出を再現できるよういしよう」なんて言っているサイトも見かけました。でも物理の公式を、再現できるレベルはかなり高いかと(笑)

 

その人は、テキトーに言っているだけなので、無視しましょう。(たぶん物理を知らない人が、数学と間違えてます。)

 

もちろん、高校生レベルでも一部の公式は、導出できます(運動量保存・ドップラー効果など)。

が、入門者にはレベルが高すぎます。そして『物理のエッセンス』には、載っていないはずです。

 

  1. 公式を使って問題が解けるようになる
  2. 後から公式の導出が、理解できるようになる

の流れがベストです。

高1・2生は、数Ⅲの微積も習っていない人が多いわけですし。導出じたいが、不可能なことも多いです。

入門者は、入門者がやるべきことを、やりましょう。

 

湯川あやと
湯川あやと
少なくとも、『物理のエッセンス』のコンセプトには、反しています!

とはいえ、エッセンスに載っていることは、理解しましょう。

 

記号に溺れないように

 

「数学は得意だけど、物理は苦手」な人に多いのが、「記号が多くて、訳が分からない」です。

「何をやっているのか」、式変形の途中で、分からなくなるんですね。

式変形の途中で、頭を使っていない人。単純作業になっている人に、多いと思います。

 

そこで、よく使われる記号は、しっかり意味を理解しましょう。e・ρ・λ・Φ・・ 嫌になるでしょうが、使っていれば分かってきます。

 

とくに注意すべきは、「単位」です。

物理の計算ミスは、「記号のミス」が多い。式変形の途中で、「うっかり、記号を抜かす」ミスです。

入試問題では、(1)(2)あたりで記号の計算 ⇒ (3)で(1)(2)の計算結果を基にして、数値計算をするパターンが多いです。

 

ここで記号の計算でミスすると、後の問題をすべて落とします。これが物理の怖さですね。

ただし、物理には数学と違って、単位があるのです。「単位がおかしい」ことに気付くことが、うっかりミスの発見に1番つながります。

うっかり記号を1つ抜かせば、単位がおかしくなります。

自分が「どんな単位」を計算しているのか意識する。それぞれの記号が持つ単位を抑えておく。

これだけで、たいていのミスは防げます。

簡単ですが、単位を意識していない人は多い

最初から意識していないから、永遠にミスの原因に気付けないわけです。

 

たまに出題される、「次元解析」タイプの問題にも、強くなれます。

らく~に解けますよ。というか、「単位、分かってます?」という大学からのメッセージでしょうね。

湯川あやと
湯川あやと
最初から、単位を意識した学習を!

 

単位に気を付けるべきは、得に「電磁気」です。記号、いっぱい出てきますからね。

しかも、単位が複数あったりします。

たとえば電場の単位は、[N/C]と[V/m]の両方が、使われますよね。これも混乱の、原因となります。

湯川あやと
湯川あやと
記号の「意味と単位」を、おさえよう!

 

物理のエッセンスのデメリットを、『良問の風』で補え!

 

演習は、『良問の風』で。

物理のエッセンスの問題点は、問題演習ができないことです。

いや、できないことは無い。ただ解説が、「あっさり」しているのです。

 

そこで、『良問の風』という問題集も、同時に購入することをオススメします。


高校生の物理は、とにかく量をこなすのが良いです。僕のオススメは、『良問の風』です。

 

  • 『物理のエッセンス』の練習問題は、とばす
  • 代わりに、『良問の風』で、演習をする

これが効果が高い。2冊とも、同じ著者なので、解き方は同じです。

ただ『良問の風』の方が、解説がシッカリしています。

使い方は、物理のエッセンスを1単元(たとえば)が終わる ⇒ 良問の風で対応する問題を解く、を繰り返してください。

どこまで細分化するかは、皆さんに任せます。

 

到達レベルは?

『良問の風』の難易度は、~大学入試・標準レベルです。

『物理のエッセンス』+『良問の風』だけでも、たいていの大学は合格できます。

 

到達レベルは、~センター9割・MARCH合格レベルです。

ただし、レベルはあくまで「基本」なので、応用問題を解けるようになるためには、さらなる演習が必要です。

 

逆にいえば、あと1冊(例えば『重要問題集』や『名問の森』など)を、こなせば・・

旧帝大も、合格できるレベルとなります。

 

東大に合格する人でも、「インプット用」の参考書はこれ1冊であることも、多いです。東大医学部に合格した友人も、そうでした。

後の演習しだいでは、東大医学部まで視野に入る、ということです。(友人の頭の良さもありますが)

 

難関大への合格も、1歩1歩進めば、さほど難しくないことに気付いてほしいです。

そのために、まずは『物理のエッセンス』+『良問の風』をやり込むことを、オススメします。

Amazon >>物理のエッセンス 良問の風3冊セット

『物理のエッセンス』が終わったら

読者
読者
物理のエッセンスが終わったら、どうすれば良いの?
湯川あやと
湯川あやと
それは別の記事に、まとめてあります。

 

すでに『物理のエッセンス』を終えている人は、次は『名問の森』を、やれば良いです。

レベルは高く、東大の問題もたくさん載っています。自信がある人は、チャレンジしましょう。

 

『物理のエッセンス』~『名問の森』まで、すべて同じ著者です。解き方が同じなので、混乱することなくスムーズに学習を進められます。

 

ただし、まだ『物理のエッセンス』を購入していないなら。

まずは、『物理を得意科目にしたい人にオススメする参考書&問題集ルート』の記事を読んでほしいです。

この記事では、『物理のエッセンス』以外の、3つのルートを提示しています。

また、「今後の勉強の、全体像」を知っておくことは、有益かと思います。 

 

こちらの記事もおすすめ