参考書・勉強法

【最強】ビジュアル英文解釈の使い方・レベルと、その後の勉強法をご紹介

ビジュアル英文解釈

 

本記事では、偏差値65以上のの大学に通う僕が、1番オススメする英文解釈の本をご紹介します。

それは伊藤和夫先生の『ビジュアル英文解釈』。

 

愛され続けて30年以上。

不滅のロングセラーです。

 

『ビジュアル英文解釈』の特徴は?

 

ちなみに、表記は「×ヴィジュアル英文解釈 ⇒ ○ビジュアル英文解釈」です。

正しい頭の使い方を教えてくれる

この本で紹介されている英文の読み方は、ネイティブがやっているような”自然な”読み方です。

「前から順番に、英語を英語のまま」理解する方法を教えてくれます。

 

もちろんぼくたちはネイティブではありませんので、「自然」な読み方を意識的に勉強する必要があります。

その際の「頭の使い方」を教えてくれるのが『ビジュアル英文解釈』の大きな特徴です。

「頭の使い方」にこれほど拘る教師は、伊藤先生しかいないでしょう。

 

この本を何度か繰り返した後、たくさんの英文に触れる。

すると意識しなくても、本書で紹介されている「自然な」読み方ができるようになります。

 

以下の例文を訳してください。

So many of the leaves have fallen off that these are the only ones left on the branch.

前からちゃんと、訳せましたか?

答えは「木の葉は大部分落ちてしまったので、枝に残っているのはこれだけだ」です。

 

「So many」を「非常に多くの」と訳してしまった人は、前から訳せなかったと思います。

初心者の方は、そもそも後半に出てくる「that」の意味が分からなかったかもしれません。これは「So ~ that ~」 構文です。

 

「分かったよ!」というでも、「thatを見て、何のthatか考える」⇒ 「前に戻って Soを見つける」

この読み方をした人は、間違いです。正しい読み方ではありません。

ネイティブがそんな読み方をしているはずがありませんよね。

日本語で考えてもらえば、分かりやすい。

日本語を読んでいる時、文の途中で「え~っと、これは何の構文だろう」なんて考えながら読まないはずです。

目の動きは「左から右へ」。伊藤先生が教える、「自然な」読み方です。

 

正しい読み方が出来なかった人は、『ビジュアル英文解釈』を読んで、正しい読み方を勉強してください。

 

例題なら、大したことないかもしれません。でも基礎的な読み方ができてなければ、難しくなった時に立ち止ります。

塵も積もれば山となり、将来的に「何が分からないのか、分からない」状態になりかねません。

ヘンテコな読み方が積み重なり、取り返しがつかなくなりますよ。

 

『ビジュアル英文解釈』の難易度 (レベル)

ビジュアル英文解釈は2部構成になっています。

partⅠ:中学生・高校1年生~センターレベル

partⅡ: ~2次試験レベル

 

医学部でもないかぎり、partⅡ以上のレベルの英文解釈本は必要ないでしょう。

partⅡレベルまで完璧にすれば、たいていの大学は合格します。東大でも、partⅡ以上の英文解釈は、必要ないかと。

実際に、『ビジュアル英文解釈』で、東大に合格している人を知っています。

 

ただし参照の範囲が2冊に渡るため、「センターレベルは余裕だぜ!」っていう人でも、partⅠから始めることをオススメします。

 

part I は、少し背伸びをしたい中学生でも使えるようになっています。

気軽にチャレンジしてください。

 

『ビジュアル英文解釈』の分量

partⅠには35の英文、partⅡには26の英文。

計61の短い文章で構成されています。

毎日1つこなせば、2か月で終了。

1つの英文を全訳し解説を読むのに、2時間もみておけば十分でしょう。

 

ただし現在高校1年生の方は、焦ってすぐにpartⅡに移る必要はないです。

伊藤先生はたくさんの本を書かれています。

その中の1冊、例えば「英文和訳演習の初級編」で演習をしてから、partⅡに移っても遅くないと思います。

 

『ビジュアル英文解釈』はTOEICに使える?

 

結論からいうと、「使えます」。

『ビジュアル英文解釈』で教えているのは、「英語の基本的な読み方」です。

大学受験・TOEIC・英検・TOEFL・・ あらゆるテストに通用すると思います。

ただし『ビジュアル英文解釈』で使われている英文は、大学受験用です。

そのため、TOEICとは「英文の雰囲気」が異なります。

 

TOEICの場合は、大学受験のように難しい構文は、出てきません。英文が簡単で、その分「スピード重視」の試験ですから。

そのため、TOEIC対策には「partⅠ」だけでも十分です。

ハイスコアを目指す余裕のある人は、partⅡもオススメです。

 

『ビジュアル英文解釈』のおすすめポイント

ビジュアル英文解釈 評判

>>Amazonカスタマーレビュー

>>感想(読書メーター)

 

授業形式・会話形式

 

伊藤先生と2人(partⅡだと3人)の生徒が、伊藤先生の授業を受けている、という設定です。

各章末には、生徒が先生に質問をし、先生がそれを答えるというシーンがあります。

 

このQ&Aで先生の授業がより明快になるので、飛ばさずによんでください。解説だけでなく、章末も重要な部分です。

自分もそこで一緒になって、伊藤先生の授業を受けているかのような感覚になりますよ。

 

たくさんの参照

 

各解説のはじめには、Reviewという欄があり、ここには英文が並んでいます。

実はこの英文は、以前に出てきたものばかり。

そして解説中では(→Review3)や(→p.52)などのように、何度も何度も前に習ったことを確認させてくれます。

ここに、「自然と復習ができる」仕掛けがあるのです。

よく考えて作られていますね。

30年以上読みつがれる理由が、分かります。

 

まとめ・ルール

 

『ビジュアル英文解釈』は「たくさんの参照」でも言及したとおり、読み方のルールに「とにかく慣れさせること」に主眼を置いているようです。

解説の中では、文の読み方のルールが、体系的にまとめられているわけではありません。

ですが・・

p.524で述べたように、この本は、全体の見通しを私だけがアタマの中に持っていて、学生は1つ1つの例題をやり、筆者といっしょに考えていくうちに、知識がラセン状に組み立てられてゆく構成になっています。しかし、最後に、その見通しというかシステムがどのようなものだったかを、まとめて示しておくことは、意義のあることだと思うので、以下にその概要を示しておきます。

引用元:ビジュアル英文解釈[partⅡ]

 

本の最初や最後には、「英文の読み方の11のルール」「節の10個の組み合わせ」が体系的にまとめられています。

これがかなり優秀。

英語のルールを11個にまとめあげているのです。ヤバイでしょ?

 

また英文解釈を難しくする1番の要因は「節」です。この節の組み合わせのパターンも、10個にまとめあげています。

またpartⅡの巻末では、さらに詳細にまとめられています。

 

「たくさんの参照」で頭の使い方に慣れさせつつ、「まとめ・ルール」で英文解釈のシステムを提示する。

巷にある本はこのどちらかに偏っていますが、『ビジュアル英文解釈』は両方を兼ね備えているのです。

一通り終えた後も、巻末が「英文解釈の辞書」として役立ちます。

 

『ルールとパターンの英文解釈』vs『ビジュアル英文解釈』

『ルールとパターンの英文解釈』vs『ビジュアル英文解釈』
ルールとパターンの英文解釈 ビジュアル英文解釈
著者 伊藤和夫 伊藤和夫
出版社 研究者 駿台文庫
分かりやすさ
イラスト なし あり
索引の充実
文章の数 40 + α 61

 

この2冊は、内容・レベルが、よく似ています

いくつか「同じ英文」もありますよ。

両者とも、↓のように英文を「ルール」と「パターン」にまとめることが、大きな特徴です。(写真は『ルールとパターンの英文解釈』)

ルールとパターンの英文解釈

ただし、英文の量・イラストの多さ・分かりやすさ・・etc.

どれを取っても、『ビジュアル英文解釈』が勝っています

 

伊藤和夫先生への「よくある批判」が、「日本語が分かりにくい」「文章が読みにくい」です。

『ビジュアル英文解釈』にも、「読みにくい」という批判は多いです。

でも、僕は「読みにくい」と感じませんでした。

普通に、理解できると思います。

 

ただ『ルールとパターンの英文解釈』は、ちょっと分かりにくい。

全体的に「小難しく」書かれています。

内容・レベルが同じなのだから、『ビジュアル英文解釈』を手に取ってください。

湯川あやと
湯川あやと
『ビジュアル英文解釈』の方が、文章が読みやすく、オススメです。

 

僕は『ルールとパターンの英文解釈』を、大学生になってから【復習】として使いました。

皆さんも大学生以降、「学び直し」として、ぜひ『ルールとパターンの英文解釈』で復習してください。

 

『ビジュアル英文解釈』の使い方

 

ぼくの使い方を紹介しますね。

画像のノートはぼくが高校生のころに使っていたもの。

左上にはコピーした英文を貼っています。

 

ビジュアル英文解釈の勉強ノート

ノートはB5だと収まりきらないので、A4を使用。

↓写真で使っているのは、こちらのA4方眼ノートです。

 

①全文和訳→添削

 

1周目では、和訳を紙に書くことをオススメします。

「めんどくせぇ」って思いましたよね。分かります。

自分がどのような考え方をしたのか、どこでミスをしたのか。自分のミスを浮き彫りにするためにも、必ず全訳をしましょう。

 

頭の中だけで訳していると解説をよんだときに、「オレ最初からこういう風に訳してたし」と後から都合の良いように解釈してしまいます

 

訳すときは、直訳でOK

前から訳していきましょう。1文が長い場合は、細切れに訳す感じで。

 

「頭の使い方」の答え合わせをしたいので、キレイな訳でなくてもいいです。

それよりも、解説をよく読み、「ちゃんと前から読んでいるか」をチェックしてください。

 

↓の記事でも書きましたが、「前から読む」以外は、正しい英語の読み方ではありませんよ。

伊藤先生の読み方に従えば、「正しい英語の読み方」になるので、安心してください。

英語を読むスピードが遅い理由。速読のコツとは? 「どうして英文を読むのが遅いんだろう・・」 この記事を読んでいるあなたは、そう悩んでいる人でしょう。 こんに...

 

②「気づき」を書く

 

次にノートに気づきを書いていきます。

些細な事でも書き留めておきましょう。

解説を、「自分の言葉で書き換える」と効果的です。

 

ここでも大事なのは、頭の使い方。

訳が合っていても、「先生の頭の使い方」と、「あなたの頭の使い方」が異なる場合、それは間違いとみなします。

先生の頭の使い方を、写真の②の部分に書き込みます。

ついでに例文なども書いておくと、復習がしやすいです。

 

③知らなかった英単語を書いておく

 

最後に文中に出てきた、知らなかった英単語を書きこみます。

知っていた単語でも、「再び現れたときには、分からないかも・・」っていう怪しい単語は書いておきましょう。

 

あとでノートをパラパラ見返していれば、英単語は自然と記憶に残ります。

ただし参考書が古いので、マニアックな単語もあります。

覚えない・・のもアリだとは思います。

全訳するときは、辞書を引きながらでも、OKです。

 

音読する

 

英語は「理解:慣れ = 5 : 5」です。

「英文の読み方」をただ理解しても、使えなければ意味がありません。

「慣れる」必要が、あるのです。

 

「慣れる」ために、1番手っ取り早い方法が、【音読】です

「多読」もアリですが、どうしても1回1回の質が、下がります。(キチンと構文を取らず、惰性で読んでしまう)

でも1つの英文を繰り返し、音読すれば?

「質」を担保しつつ、「量」もこなせますよね。

これが音読をオススメする理由です。

 

1つの英文を、音読する回数は、5~10回でOKです。

音読するときは、伊藤先生の言う「アタマの使い方」を意識してください。

湯川あやと
湯川あやと
クドいですが、英文解釈で1番大切なことは、「アタマの使い方」ですよ。

 

2周目以降の勉強法

 

2周目以降もできれば、紙に和訳を書くことが望ましいです。

しかし時間が無い場合は、2周目以降は頭の中で訳すだけでも十分だと思います。

ぼくは1・2周目は紙に書き、3周目以降は頭の中で訳しました。

 

『ビジュアル英文解釈』以外にもいえることですが、参考書はあれこれ手を出してもあなたの血肉となりません。

参考書マスターになるよりも、本当に良い参考書を何周もするのがベスト。

 

『ビジュアル英文解釈』は30年読み継がれたロングセラーです。

自分に合うと思ったなら、他の参考書に浮気せず、『ビジュアル英文解釈』だけで勉強してください。

高校1年生でこの参考書に出会えたあなたはラッキーです。

 

 

『ビジュアル英文解釈』の次にオススメの参考書

 

『ビジュアル英文解釈』が終わったら、後はひたすら過去問対策・・でもいいと思います。

 

ここでは「もっと演習したい!」という方のために、3冊ご紹介しますね。

何度も繰り返せと言った直後ですが、もちろん分量をこなすことも大事ですから。

 

ただし以下は余裕のある人向けです。

過去問を解くのには、あなたが想像しているよりもずっと時間がかかります。

受験勉強は、「計画的に」行ってください。

 

伊藤和夫先生の『英文和訳演習』

入門・基礎・中級・上級があります。

partⅡが終わった後なら、中級がちょうどいい難易度でしょう。

2次試験で和訳がある人は、対策として買ってください。

 

『ビジュアル英文解釈』と同じ伊藤先生の本なので、 とっつきやすいと思います。

伊藤先生が、模試を作るときに使用された、「和訳の採点基準」が各問題に載っています。

そのため採点がしやすいのが◎

これだけ詳しく、最低基準を書いている本は、他にありません。

「何となく」の和訳ではなく、「減点されない」和訳をしたい人にオススメ。

 

伊藤先生は他にも、たくさんの参考書を、出版されています。

英語要旨大意問題演習 (駿台受験シリーズ)(要約問題)や、新・英文法頻出問題演習 (Part1) (駿台受験シリーズ)などなど。

長文対策の本も、ありますよ。

 

『ビジュアル英文解釈』を終えた人なら、伊藤先生の本だけを読むので良いと思います。

自分が受験する大学の問題に応じて、選ぶといいですね。

 

旺文社の『基礎英文問題精巧』

難易度的には、ビジュアル英文解釈partⅡと同じくらい。

ぼくは『ビジュアル英文解釈』に出会う前に、この参考書を使っていました。

 

『ビジュアル英文解釈』よりも、「英文解釈」としての趣が強い本です。

英文解釈の演習をしたい人にオススメ。

「こんな構文、めったに出てこないよ」と言いたくなる、「問題のための問題」も少しありますが、良い練習にはなると思います。

 

伊藤和夫先生の『英文解釈教室』

こちらも伊藤和夫先生の本。

『英文解釈教室』はかなり難しい本です。(ぼくは途中で挫折しました)

これをやる余裕があるなら、1つでも多く過去問をやった方がいいかもしれません。

 

京都大学などの、難しい英文解釈を要求する大学を受験しないかぎり、『ビジュアル英文解釈』でも十分だと思います。

阪大でも医学部でなければ、必要ないかと。自信がある人だけチャレンジしてください。

 

同じく難しい本として、『英文読解の透視図』があります。

でも伊藤先生と共に勉強してきた方なら、『英文読解の透視図』よりも『英文解釈教室』の方が効果が高いはずです。

 

スタディサプリ

 

スタディサプリの【肘井学】講師も、オススメです。

【伊藤先生の参考書”のみ”で、勉強する】のも、確かにオススメです。

 

ただそれはメリットでもあり、デメリットでもあります。

メリットとしては、同じ先生なので、【教え方が一定】でありブレません。

デメリットは、「マンネリ化」です。

何度も繰り返しているうちに、「飽き」てしまいます。

どれだけ良い教材でも、【惰性】で使っては、効果はありません。

 

そこで新しい視点を取り入れるのが、オススメです。

スタディサプリ【肘井学】講師の授業では、『ビジュアル英文解釈』とは異なった視点から、英文を見ることができます。

 

『ビジュアル英文解釈』のpartⅡまでを、完璧にした自信がある人は、いきなり「トップレベル」講座で大丈夫です。

↓記事で詳しく書いています。

『ビジュアル英文解釈』には無い視点が、たくさん学べますよ。

読解力が、1ランクアップします。

>>スタディサプリ【肘井学】講師のレベルと評判は?英文解釈・長文読解に定評あり!

 

湯川あやと
湯川あやと
【スタディサプリ】と『ビジュアル英文解釈』の併用が、オススメですよ。

 

***********

今回は以上です。

『ビジュアル英文解釈』は大好きな参考書だったので、気合を入れて書きました。

お役に立てれば幸いです。

 

使い方は、とにかく「アタマの使い方」に徹底してこだわることです。

「それくらい・・」と妥協したくなるでしょう。

でも「アタマの使い方」に拘った勉強法をしている人が、最後には合格を勝ち取ります。

長文にも、和訳にも、すべてに効いてくるのです。

 

おわり!